バストアップに本当に効果的な方法

2015-02-18_043611

バストアップに本当に効果的な方法があります。それは胸の筋肉を鍛えることに他なりません。
バストアップサプリやナイトブラ、バストアップクリームはよく研究されており、さすがに効果が実感できますが、効果の持続というポイントでみると筋肉を鍛えることに比べて疑問があります。
特に、サプリを長期間飲み続けるのは現実的ではありません。サプリやブラは、2、3ヶ月くらいの短期間でバストアップするための補助的な方法と思った方がいいです。

 

【筋トレはバストアップに効果があるの?】

本質的に、筋トレはバストアップに直接は繋がりません。バストはほとんどが脂肪ですからこの部分に筋肉が付いて大きくなるわけではないからです。
しかし、バストアップに効果的な部分の筋肉、大胸筋が鍛えられることで胸が上に上に持ち上がり、大きくなります。
大胸筋を鍛えるスポーツとして有名なのが水泳ですよね。水泳を続けていると明らかに体型が変わってきます。バストアップ効果が期待できるのは本当です。

 

 

【バストアップいい鍛え方はこれです】

バストアップにいいのは分かるけれど水泳を始めるのは敷居が高いし、体力的に無理という人は、腕立て伏せが確実に効果的があります。腕立て伏せはきついですが、水泳ほどではないですし、気軽にできるのでオススメします。
腕立て伏せの回数はまず10回を目安にします。女性は腕立て伏せが10回もできない人が多いので、その場合は膝をついた腕立て伏せにします。また、体重の重い人もかなりの負担になります。無理は禁物ですが、楽しく続けるために、プッシュアップバーなどの道具を使ってやる気をアップするといいですよ。
慣れてきたら、腕の間隔を広げた状態で普通の腕立て伏せにチャレンジしてみます。根気は必要ですが、徐々に回数を増やしていく過程で、バストアップ効果が確実に実感できるはずです。特にダイエットで胸がしぼんでしまった痩せ体型の人にオススメです。太らなくても痩せ体型のままきれいにバストアップできるからです。

 

【食事対策だけではダメな理由】

もちろんタンパク質の摂取も必要です。しかし、豆類や肉、魚の料理を多く摂ろうとすると、どうしてもカロリー、脂質が増えて結果的に太ってしまうのが欠点です。タンパク質に片寄ってしまうと栄養バランスもあまりよくありませんね。
その欠点を補うために、大胸筋を鍛える運動を併用しましょう。当然、筋肉は使わないと衰えますから、運動を続けることが大切です。

バストアップおすすめリンク:バストアップクリームの効果とは?|おすすめランキングもご紹介!

 

バストアップのための食事

食べる食事に気を付ければ、バストアップ効果を得られやすくなってきます。胸の小ささに悩んでいたり、形を改善したいと考えている人は、食べるものから気を使ってみましょう。

 

■良質なたんぱく質を摂取しよう

バストは、筋肉に支えられることで形を保っています。胸の大きさが足りないと悩んでいたり、形が垂れてきたことが気になっている人は、良質なたんぱく質を摂取するように心がけてみましょう。
肉の中でも赤身部分は、余計な脂肪が少なくたんぱく質が豊富になっています。牛肉や豚肉を食べる際には、赤身を中心に食べてみるとよいでしょう。また鶏肉のささみはたんぱく質の宝庫になっているためおすすめです。肉が食べたくなってきたときにささみを食べるようにすれば、胸の筋肉を増やしていくことができます。
肉以外にも、魚もたんぱく質が豊富に含まれているため、積極的に食べるようにしましょう。

 

■大豆はホルモンに働きかけてバストアップできる

大豆製品は、バストアップを考えたときに積極的に摂取しておきたい成分です。まず、大豆には植物性のたんぱく質が含まれているため、動物性のたんぱく質と組み合わせて食べることで、より強力にバストアップしていくことができるのです。植物性のたんぱく質は、体への吸収もよいため、女性には最適な成分になるでしょう。
また、大豆成分にはホルモンに働きかけるイソフラボンが含まれているため、より効果も高くなってきます。ストレスによりホルモンのバランスが崩れていたり、中高年になりホルモンの分泌量が減ってきてしまった人でも、バストアップ効果を期待することができます。

 

■食事のバランスを考えることも重要

たんぱく質を中心に食事を考えていけば、バストアップしていくことができます。ただし、そればかりを食べていると栄養バランスを崩してしまうことになるため、十分に注意するようにしましょう。
特に、太りたくないという気持ちが強い女性は、炭水化物の摂取を抑えてしまいますが、炭水化物を極端に減らすことで筋肉がエネルギーとして消費しやすくなり、バストのサイズダウンにつながります。また、脂肪分を減らすことでも胸のハリがなくなったり、全体的に貧相な胸が出来上がってしまうのです。
女性らしい豊かな胸を手に入れたい人は、たんぱく質だけではなく炭水化物や脂肪分などの栄養成分もバランスよく摂取してみましょう。バランスを考えることで、美しい胸になることができるのです。

 

参考:食事のバランスガイド